巴波醸造 | UZUMA BREWING LABORATORY

巴波重工醸造部門、通称「巴波醸造 | UZUMA BREWING LABORATORY」では、自身の理想のビールを目指し日々醸造に関連し研究を行っています。その研究結果及び研究進捗を掲載しています。

(個人によるビール製造が盛んでそれによる新たなブルワー、ビアスタイル、そしてビールを中心とした文化の醸成が極めて盛んな諸外国と異なり、我が国では哀れで愚かで情けない事に1%以上のアルコールを含む飲料を酒類製造免許を持たずに製造する事は酒税法違法との扱いになります。本Labにおいても不本意ながらその条件に則り活動を実施しています。)

■Method | 醸造方法に係るメモ

醸造の手法について纏めています。イメージトレーニングにどうぞ。

■Contents

・Mashing to Fermentation : マッシングから発酵に至るまでの流れを纏めています・Bottling : 自家醸造において面倒な工程であるボトリング作業の工程最適化について纏めています

■Products | 過去の醸造履歴

Hefeweizen Mk.8

UBL-033 | Under Fermentation

■Specification

Style : HefeweizenIBU : 11Batch Size 6.0LMethod : All GrainFarmentables : Wheat Malt (50%) Pilsner Malt (41%)Dextrine Malt (9%)Hop : TettnangerYeast : G01 Stefon (Imperial Yeast)

Hefeweizen Mk.7

UBL-032 | Under Fermentation

■Specification

Style : HefeweizenIBU : 9Batch Size 6LMethod : All GrainFarmentables : Wheat Malt (67 %) Pilsner Malt (27%)Dextrine Malt (6%)Hop : TettnangerYeast : G01 Stefon (Imperial Yeast)

Hefeweizen Mk.6

UBL-031 | Under Fermentation

■Specification

Style : HefeweizenIBU : 11Batch Size : 5.4LMethod : All GrainFarmentables : Wheat Malt (50%) Pilsner Malt (50%)Hop : TettnangerYeast : G01 Stefon (Imperial Yeast)

Disproportionately Hopped Mk.2

UBL-030 | Kegging Date : 2018/05/03

■Specification

Style : Hoppy Session Indian Pale AleIBU : 40Batch Size 5.0LMethod : All GrainFarmentables : Pilsner Malt (78.7%) Rye Malt (7.1 %) Flaked Oats (4.7%) Munich Malt (4.7%) Crystal Malt (4.7%)Hop : Amarillo MosaicYeast : WLP-002 (White Labs)

Azacca IPA

UBL-029 | Kegging Date : 2018/05/03

■Specification

Style : Indian Pale AleIBU : 50Batch Size 5.0LMethod : All GrainFarmentables : Pale Malt (82%) Munich Malt (8.3 %) Dextrine Malt (3.3%) Crystal Malt (3.3%) Melanoiden Malt (3.3%)Hop : Azacca MosaicYeast : WLP-002 (White Labs)

Amarillo Cider

UBL-028 | Bottling Date : 2018/03/18

■Specification

Style : Hoppy CiderIBU : ?Batch Size 1.0LFarmentables : Apple Juice (100%)Hop : AmalliroYeast : Cote des Blancs

Mosaic Cider

UBL-027 | Bottling Date : 2018/03/18

■Specification

Style : Hoppy CiderIBU : ?Batch Size 1.0LFarmentables : Apple Juice (100%)Hop : AmalliroYeast : Cote des Blancs

UBL-026 | Bottling Date : 2018/03/15

■Specification

Style : HefewiezenIBU : 13Batch Size 5.25LMethod : All GrainFarmentables : Wheat Malt (50%) Maris Otter (42 %) Dextrine Malt (8%)Hop : SaazYeast : WLP-300 (White Labs)

UBL-025 | Bottling Date : 2018/03/15

■Specification

Style : HefewiezenIBU : 13Batch Size 5.25LMethod : All GrainFarmentables : Wheat Malt (50%) Maris Otter (50 %)Hop : SaazYeast : WLP-300 (White Labs)

Disproportionately Hopped

UBL-024 | Bottling Date : 2017/03/04

■Specification

Style : Hoppy Session IPAIBU : 44Batch Size 5.5LMethod : All GrainFarmentables : Pilsner Malt (78.7%) Rye Malt (7.1 %) Flaked Oats (4.7%) Munich Malt (4.7%) Crystal Malt (4.7%)Hop : Amarillo MosaicYeast : WLP-002 (White Labs)

モザイクホップを贅沢にWhirlpool Hoppingに使用し、トロピカルな香りが爆発的にあふれるキレキレセッションIPA。過去の醸造履歴の中ではトップクラスのホップ強度。

Citra Pale Ale

UBL-023 | Bottling Date : 2017/03/04

■Specification

Style : American Pale AleIBU : 42Batch Size 6LMethod : All GrainFarmentables : Pale Malt (82%) Munich Malt (8.3 %) Dextrine Malt (3.3%) Crystal Malt (3.3%) Melanoiden Malt (3.3%)Hop : CitraYeast : WLP-002 (White Labs)

シトラホップ由来の明瞭で強力な柑橘香と、豊かなモルト感がマッチし、素晴らしいバランスのアメリカンペールエールが完成した。正直、世の大抵のペールエールよりウマい。某魔導書に記載のレシピを参考にして製造したが、モルトの設計思想が依然としてつかめていない。(Munich, Dextrine, Crystal, Melanoiden辺りから、とにかくモルティさとボディを高めようという意志は感じる。)モルト感については非常に完成度が高かったため、このグレインビルをベースとしてシングルホップペールエールを組んでいくと楽しそうだ。

Dunkel Weizen Eisbock

UBL-022 | Bottling Date : 2017/02/12

■Specification

Style : EisbockIBU : 30Batch Size 3LMethod : All GrainFarmentables : Wheat Malt (78.7%) Munich Malt (30.5 %) Crystal Malt (7%) Special B Malt (3.3%)Hop : SaazYeast : WB-06 (Fermentis)

Oatmeal Extra Pale Ale

UBL-021 | Bottling Date : 2017/02/05

■Specification

Style : New England IPAIBU : 48Batch Size 5LMethod : All GrainFarmentables : Maris Otter (61.3%) 2 row Pale (18.4 %) Munich Malt (8%) Flaked Oats (8%) Crystal Malt (4.3%)Hop : Citra AmareilloYeast : WLP-095 (White Labs)

CitraとAmariroが奏でるザ柑橘な強烈な香りと非常に濃密なモルトの風味、そしてオーツ麦がもたらすシルキーな口当たり。濃い、濃厚、だけど爽やか。一般的なNew England IPAというよりむしろアメリカンペールエールに近い。

Totally Tropical Ale

UBL-020 | Bottling Date : 2017/02/05

■Specification

Style : New England IPAIBU : 40Batch Size 4.8LMethod : All GrainFarmentables : Maris Otter (72.7%)2 Row Pale (9.1 %) Munich Malt (5.5%) Flaked Oats (3.6%) Sugar (9.1)Hop : Citra Amarillo MosaicYeast : WLP-095 (White Labs)

Whirlpool Hopping工程を取り入れたNew Englandスタイルのエール。いまだかつて無い量のホップを投入し、本当に大丈夫かと不安になったが、完成品を飲んで安心した。苦味は殆どつかず、極めてリッチなホップの香りを選択的に得られる。

濃厚なモルトとトロピカルなホップの調和。非常に濃厚に仕上がった。しかし瓶内二次発酵不良のせいで炭酸不良かつかなり甘め。しっかりドライにかつ炭酸が入れば確実にうまいだろうなぁ。

2018/5/17 追記瓶詰めから3ヶ月後に開栓してみると炭酸は完璧なコンディション。泡持ちも良い。香りは非常に良く、ベリーやパイナップルのような、ピリッと酸味のあるトロピカルでかつ濃厚な香りがする。シトラとアマリロ由来の柑橘感もある。飲んでみると口当たりはトロッとしていてなめらか。オーツ由来のシルキーさがある。

Huell Melon Weizen Bock

UBL-019 | Bottling Date : 2017/12/18

■Specification

Style : Hoppy Weizen BockIBU : 16Batch Size 5LMethod : All GrainFarmentables :Wheat Malt (50%) Pale Malt (50%)Hop : Huel MelonYeast : WLP-300 (White Labs)

メロンやベリーの芳香を持つフレーバーホップであるHuell Melonを全面に押し出したホッピーヴァイツェンボック。ボックだからとっても濃い。ビタリング、アロマに加えドライホッピングを施すことで、ヴァイツェンボックの強力なバナナフレーバーに張り合えるフレーバーを加えようと試みた。ドライホップ温度が低く、かつ期間を1週間と長くとりすぎたため、草っぽさが前に出てきてしまったので要改善。

Banoffee Weizen

UBL-018 | Bottling Date : 2017/12/18

■Specification

Style : Dunkel WeizenIBU : 20Batch Size 5LMethod : All GrainFarmentables : Maris Otter (72.7%)2 Row Pale (9.1 %) Munich Malt (5.5%) Flaked Oats (3.6%) Sugar (9.1)Hop : HersbruckerYeast : WLP-300 (White Labs)

バナナとトフィーを大量に使用したイギリスのお菓子、バノフィーパイをイメージしたデュンケルヴァイツェン。王道のWLP-300によるバナナ香、クリスタルモルト、ミュンヘンモルトによる甘いビスケット感、ロースト小麦モルトによる香ばしさ、これらが渾然一体となることで飲むバノフィーパイが完成する。

UBL-017 | Bottling Date : 2017/12/09

■Specification

Style : Lemon White AleIBU : 7Batch Size 5LMethod : All GrainFarmentables :Wheat Malt (52%) Pale Malt (41%) Honey Malt (3%) Honey (3%)Hop : HersbruckerYeast : Safale S-04 (Fermentis)

叔母の家で収穫された完全無農薬レモンの皮をすりおろし、ホワイトエールに大量投入。ハニーモルトのもたらすハチミツ風味と目の覚める爽やかなレモン風味が合わさりはちみつレモンなホワイトエールが完成。爽やかなだけでなく、マッシング温度を高めにしたことでモルティな風味も併せ持つ。年末に完成したが、どちらかと言えば夏に飲みたい。

UBL-016 | Bottling Date : 2017/11/26

■Specification

Style : Weizen bockIBU : 12Batch Size 5LMethod : All GrainFarmentables : Wheat Malt (50%) Pale Malt (50%)Hop : HersbruckerYeast : WLP-300 (White Labs)

The Malt Shop」という革命的ホームブルーイングショップの発見により、日本国内におけるオールグレインビアの可能性は無限に広がった。それを受け、ついに巴波醸造もオールグレインに挑戦する。初手は極めてシンプルなヴァイツェン。ウィート、ペール、ヘレスブルッカー、そしてWLP-300のわずか4種類から生み出されたそのヴァイツェンは確実に世の有象無象ビールを凌駕した。オールグレインはすごい。ホームブルーイングはすごい。そして何よりThe Malt Shopはすごい。

UBL-015 | Bottling Date : 2017/10/22

■Specification

Style : American Pale AleIBU : 30Batch Size 10LMethod : Partial MashingFarmentables : Malt Extraxt (50%) Wheat Malt (24%) Pale Malt (18%) Crystal Malt (8%)Hop : CascadeYeast : Safale S-04 (Fermentis)

夏も終わり、ヴァイツェンではなく王道のエールが飲みたくなってきたので、パーシャルマッシング仕込みで「よなよなクローン」に挑戦。UBL-010での反省を活かし、新たにウォートチラーを自作、実戦投入した。

UBL-014 | Bottling Date : 2017/10/09

■Specification

Style : Hoppy Belgian WhiteIBU : 20Batch Size 5LMethod : Malt Extract kitFarmentables : Malt Extract (100%)Hop : CascadeYeast : WLP-300 (White Labs)

UBL-013にさらにカスケードでドライホップを施し、さわやかさの増強を狙ったホッピーベルジャンヴァイツェン。

UBL-013 | Bottling Date : 2017/10/09

■Specification

Style : Hoppy Belgian WhiteIBU : 20Batch Size 5LMethod : Malt Extract kitFarmentables : Malt Extract (100%)Hop : CascadeYeast : WLP-300 (White Labs)

BREWFARMのTarwebierキット缶とオレンジピール、コリアンダーシード、そしてUBL-010で培養したWPL-300を再利用して造るお気楽ベルジャンホワイト

UBL-012 | Bottling Date : 2017/08/31

■Specification

Style : Fluites mixed HefeweizenIBU : 20Batch Size 5LMethod : Partial MashingFarmentables : Malt Extract (50%) Wheat Malt (25%) Pale Malt (20%)Hop : Hallertau MittelfruhYeast : WLP-300 (White Labs)

梨ジュースをUBL-011に30%添加してボトリング。しかし、冷蔵保存の甲斐なく瓶内発酵は進み…

UBL-011 | Bottling Date : 2017/08/31

■Specification

Style : Fluites mixed HefeweizenIBU : 20Batch Size 5LMethod : Partial MashingFarmentables : Malt Extract (50%) Wheat Malt (25%) Pale Malt (20%)Hop : Hallertau MittelfruhYeast : WLP-300 (White Labs)

桃ジュースをUBL-010に添加してボトリング。瑞々しい甘さと酸味がヴァイツェンに加わり最強のフルーツエールが完成。しかし、冷蔵保存の甲斐なく瓶内発酵は進み…

UBL-010 | Bottling Date : 2017/08/31

■Specification

Style : HefeweizenIBU : 20Batch Size 5LMethod : Partial MashingFarmentables : Malt Extract (50%) Wheat Malt (25%) Pale Malt (20%)Hop : Hallertau MittelfruhYeast : WLP-300 (White Labs)

本物の製造方法と本物のイーストを惜しげなく導入し、本当に美味しいヴァイツェンを目指し醸造。初挑戦のマッシングに苦戦したものの、従来のキット缶とは雲泥の差の、素晴らしい本物のヴァイツェンが完成した

UBL-003 | Bottling Date : 2017/06/04

■Specification

Style : Fluits Mixed Pale AleIBU : ?Batch Size 5LMethod : Malt Extract KitFarmentables : Malt Extract (100%)Hop : not addedYeast : Ale Yeast (kit)

Prototype ALEの瓶詰め時にポンジュースを入れてみた実験作品。当たり前であるが糖分過多となり、炭酸過多となって飲めるものではなくなってしまった…

Prototyp Weizen

UBL-002 | Bottling Date : 2017/06/25

■Specification

Style : HefewiezenIBU : 20Batch Size 5LMethod : Malt Extract KitFarmentables : Malt Extract (100%)Hop : Hallertau MittelfruhYeast : WB-06 (Fermentis)

前回の成功に気を良くしてヴァイツェンに挑戦。香りは良いものの、やたら強い酸味と苦味が舌に残る失敗作。殺菌不良か酵母の問題か、トラブルシューティングは未完了

UBL-001 | Bottling Date : 2017/06/04

■Specification

Style : Pale AleIBU : 25Batch Size 10LMethod : Malt Extract KitFarmentables : Malt Extract (100%)Hop : not addedYeast : Ale Yeast (kit)

記念すべき初醸造のエール。愚直にキット缶&砂糖無添加でシンプルに製造。初醸造とは思えない、驚くほどのフルーティーさとモルト感に自家醸造の可能性を直感した